スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

かなめも 第10話「はじめての、気持ち」

[STORY 第10話]
ある朝、ゆめに呼ばれて台所に言ったかなは、ゆめの秘蔵の甘いものコレクションを披露された。そしてゆめは珍しく真面目な表情になると、かなに自分のことを覚えていてもらいたいと告げ、ロールスロイスに乗って去ってしまう。突然の出来事に混乱するかな。咲妃に事情を尋ねると、ゆめは実家に帰るのだという。このまま、ゆめは専売所からいなくなってしまうのか……!?
スポンサーサイト

かなめも 第9話「はじめての、ダイエット?」

[STORY 第9話]
新学期を間近に控えたある日。かなは友人から飼い犬のジョンを一時預かってほしいとお願いされる。友達を助けたい一心で承諾したものの、かなは犬が怖くてたまらない。しかしこのままでは、ジョンの世話もままならない。そこで動物全般と仲が良いゆめに、犬と仲よくなるコツを教えてもらうことになった。かなと同じく犬が苦手な美華も一緒に近くの公園に行ってゆめのレクチャーを受けるかなと美華だったが……。

かなめも 第8話「はじめての、思い出話」

[STORY 第8話]
ある日の午後、かなは自分をも上回るという、“風新始まって以来のダメ従業員”ことマリモ姉さんの話をメンバーたちから聞かされる。ところがマリモ姉さんの話をしている間中、なんだか咲妃の機嫌が悪い。遂には席を立って自室に戻ってしまう。気になるかながほかのメンバーに尋ねてみると、みんな何か知っている様子。どうやら、かなが来る1年前の冬の出来事と関係しているらしいのだが……。

かなめも 第7話「はじめての、お迎え」

[STORY 第7話]
今日はお盆休み。数少ない新聞休刊日とあって、のんびり、まったりとした朝のひとときを、風新新聞専売所のメンバーは思い思いにすごしている。そんな中、かなは咲妃に、おばあちゃんの初盆なので迎え火を焚かせてもらいたいとお願いする。行事を大事にするのはいいことだという咲妃の賛成もあり、みんなで迎え火やお供え物の準備に取りかかることに。そうして迎えた夜に待っていたのは――。

かなめも 第6話「はじめての、恐い話」

[STORY 第6話]
楽しかった銭湯を出ると、雨風がすっかり強くなっていた。いよいよ台風が近づいてきたらしい。
全員で家路を急いでいると、途中でかなが所属する料理クラブのメンバーとバッタリ顔をあわせる。休み中にもかかわらず彼女たちが制服を着ていることに気づいたかなが、何故制服を着ているのかと尋ねたところ、顧問の教師のバースデーケーキを作りに学校の調理室に行っていたとのこと。その集まりに自分だけ呼ばれなかったことを知り、かなはすっかり落ちこんでしまう。さらにそんな気分のかなに追いうちをかけるように、風新新聞専売所が停電になり……!?

| ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。